名刺に関するお役立ち情報

名刺にまつわるお役立ち情報をコラム形式で掲載しています。

名刺にまつわるお役立ち情報

  1. 効率化による働き方改革

    昨今、日本では「働き方改革」が謳われ、様々な取り組みが行われています。その背景には、高度経済成長期の風習が根深く残っているためであり、記憶に新しい問題では『過労』が挙げられます。

  2. 障がい者雇用と特例子会社制度に向けた就労支援としてのシステム活用

    一般的にいうシステムの特徴のひとつとして「使用者が老若男女問わず、品質を一定に保つ」点があげられます。個人のスキルを選ばず、効率化を追求した名刺作成・発注システムだからこそ実現できる仕組みと言えます。この特性を活かし、特例子会社様に向けた名刺作成・発注システムの導入が実現、現在も継続してご利用いただいております。

  3. 海外の名刺事情

    日本では、名刺はビジネスパーソンに欠かせないツールであり、名刺交換は社会人が身につけるべき作法です。では、海外ではどうでしょうか?グローバル化が進む昨今、海外企業との取引や海外出張をするビジネスパーソンは増えています。海外の名刺事情を知っておけば、異文化コミュニケーションの手助けとなることでしょう。

  4. 名刺の保管方法

    名刺はビジネスパーソンの顔。丁寧に保管して、できるだけ綺麗な状態で相手に渡したいものです。印刷部.NETでは、完成した名刺は専用のケースに入れてお届け。また、名刺を持ち歩く際には、角が折れたり汚れたりしないよう注意しましょう。定期入れや財布と兼用せず、専用の名刺入れを使うのがおすすめです。

  5. 名刺交換のマナー

    名刺交換のマナーは、どんなに美しい名刺を作っても、渡し方が悪ければ台無し。ここで名刺交換のマナーをおさらいして、イメージアップを狙いましょう。基本の流れから名刺を受け取った後までをご紹介しております。

  6. 名刺作成コストを削減するベストな方法とは

    名刺はビジネスの大切なパートナー。顧客様や取引先に自社や自分を売り込むために、どんどん配りたいものですね。ですが、名刺といえどもタダではありません。企業にとって、社員の名刺作成にかかるコストは決して安くはないでしょう。1枚当たり5円や10円の差でも、ちりも積もれば山となる・・・少しでも安く名刺を作る方法を見つけることが、コスト削減につながります。

  7. 名刺作成、管理を外注して効率化

    パソコンとプリンターと用紙があれば、名刺を自作することができます。ですが、ビジネスの世界で通用するクオリティの名刺を自作するのは、決して簡単ではありません。効率的に名刺を作成するには、やっぱり専門業者への外注がおすすめ。名刺作成を外注することの一般的なメリットとして、次のようなものがあります。

お問い合わせ・お見積はこちらから
お問い合わせ