障がい者雇用と特例子会社制度に向けた就労支援としてのシステム活用

システムを利用するメリットとは

一般的にいうシステムの特徴のひとつとして「使用者が老若男女問わず、品質を一定に保つ」点があげられます。

個人のスキルを選ばず、効率化を追求した名刺作成・発注システムだからこそ実現できる仕組みと言えます。

この特性を活かし、特例子会社様に向けた名刺作成・発注システムの導入が実現、現在も継続してご利用いただいております。

なぜシステム活用に結びつくのか?

名刺発注システムを利用することで、進捗管理が行えます。
進捗状況の確認とは、主に名刺の受け取り手となる発注側が閲覧するものという傾向がありますが、ここで挙げる進捗管理とは現場監督者へ向けた進捗管理を指します。
現場監督者の業務負担に着目し、作業を一元管理できれば、就労支援の環境が整います。

障がい者雇用

これからの企業の在り方として、障がい者の方と向き合い実績を作ることができる器量が求められます。

その為には、どのようにしてその環境を用意するか、これから障がい者の方を雇い入れる企業の方、すでに障がい者の方を雇用している企業の方でも、更なる実績を求めるとしたら、その選択肢として何を選ぶべきでしょうか。

特例子会社制度

ある一定の要件を満たした企業は、障がい者雇用に際し特別の配慮をした子会社を設立することができます。

参考:厚生労働省-障害者雇用率制度

制度を利用する場合、あらかじめ環境を整えた上で障がい者の方を向かえ入れることができます。
印刷部.NETでは、その設備投資の面でお手伝いさせて頂くことが可能ですので、是非一度ご相談下さい。

お問い合わせ・お見積はこちらから
お問い合わせ